スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りクレンジング

以前作った虫除けスプレーで使ったポリソルベート20と一緒に購入したポリソルベート80を使ってクレンジングを作りました。


IMG_2484.jpg
オレンジフラワーさんで、ポリソルベート80、ポリソルべート20とオリーブ乳化ワックスとヒマワリ乳化ワックスも一緒に購入しました。


IMG_2486.jpg
今回は以前、庭で咲いたバラの花びらを漬けたオイルとエキスを使いました。

オイルクレンジング
<材料>
オイル  40g
p-80  10g
エキス   5g
キャロットシード精油 3滴
アスタキサンチン 1滴


IMG_2511.jpg
作り方は材料を入れて混ぜるだけです。


IMG_2513.jpg
混ぜるときれいに乳化します。ポリソルベートを多く入れるとサッパリとした使い心地になり、使うオイルの種類によっても使い心地は変わります。


IMG_2492.jpg
落ちにくい口紅でクレンジング力を試してみました。


IMG_2493.jpg
軽くマッサージするだけでメイクが浮いてきました


IMG_2494.jpg
水で流すとぬめりなども残らずいい感じです

ジェルクレンジング
<材料>
オイル  8g
ジェル 30g
エキス 5g
アスタキサンチン1滴
キャロットシード精油 2滴
P-80  小匙1/2


IMG_2495.jpg
アロエベラジェルの中にオイルとエキスとP-80を入れます


IMG_2496.jpg
混ぜていくとクリームっぽい感じになりました


IMG_2499.jpg
こちらも落ちにくい口紅でクレンジング力を試してみました


IMG_2500.jpg
オイルと違ってマッサージしてもメイクが浮きあがらないです


IMG_2502.jpg
やはりジェルでは落ちないようです


IMG_2503.jpg
石けんで落ちるCCクリームで試してみました


IMG_2505.jpg
こちらは軽くマッサージするとメイクが浮いてきました


IMG_2506.jpg
水で洗い流すときれいに落ちてサッパリとします

IMG_2518.jpg
左がジェルで右がオイルです。
使い心地はジェルの方が肌がもっちりして好きですが、やはりクレンジング力は低めなのでメイクをしたときはオイルを普段の日焼け止めとミネラルパウダーのときはジェルを使おうと思っています。
スポンサーサイト

手作り炭酸パック2

炭酸パックは冬の間は寒くてだいぶサボっていたんですが、暖かくなり今年もまた作りました。
<材料>
液:重曹 大匙1
  片栗粉 大匙2 or キサンタンガム 1g
  グリセリン 小匙2
  精製水 300CC

粉:クエン酸 大匙1
  アスコルビン酸 小匙1
  
IMG_2389.jpg
基本の材料は去年作ったものと同じで、液(ジェル)の方には今回はプラセンタエキス、ラベンダーエキス、酵母エキス、ユキノシタエキスとエッセンシャルオイル(セロリシード、マヌカ、フランキンセンス)を入れました。
片栗粉で作るなら鍋に入れて重曹、水、片栗粉を温めながら溶かして、冷めてからグリセリンやエキスを入れます。
キサンタンガムを使う場合は温めずにも作れますが、溶けるまでかなり時間がかかります。(混ぜてから1日おくと溶けています)


IMG_2330.jpg
粉の方は基本の材料にカモミールパウダー小匙1/2、キシリトール小匙1/2を入れました。


IMG_2391.jpg
混ぜる割合は液50に対して粉小匙半分くらいを混ぜています。
久しぶりに炭酸パックをやった後は肌が生まれ変わったかと思うくらいくすみ抜けするので気持ちがいいです。

冬もやればよかったんですが、お風呂から上がった後に肩まで出してパックして20分待つというのが寒すぎて苦痛になってしまうんですよね^^;

手作り花粉症対策クリーム

去年の花粉症の時期に花粉症対策のエッセンシャルオイルを使ったクリームを作ったんですが、良かったので今年も作りました。

<材料>
月見草油  20ml
シアバター 小匙1/2
ミツロウ 1/2
ビタミンEオイル 5滴
EO
ペパーミント 2滴
ユーカリ 1滴
カモミール 1滴
ティツリー 2滴

月見草油は植物には珍しいγ-リノレン酸が約10%含まれていてγ-リノレン酸は、新陳代謝を活発にして免疫力を向上させ、アトピー性皮膚炎やアレルギー反応を鎮めて、肌荒れを滑らかにする効果が期待でます。

IMG_1926.jpg
シアバターとミツロウを耐熱容器にいれ溶けるまで温めます。


IMG_1930.jpg
ミツロウがしっかり溶けたら月見草油を入れます。そこで固まるようなら少しだけ温めます。
月見草油は熱に弱いので温めすぎないように気をつけます。


IMG_1931.jpg
少し冷めたら固まる前にエッセンシャルオイル、ビタミンEオイルを入れて混ぜたら容器に移します。


IMG_1933.jpg
このクリームは花粉症の時期に鼻の周りがカサカサしたり赤くなったりした時に鼻の周りに塗っています。
ペパーミントを入れているのでこれを塗るとスーッとして鼻通りがよくなりスッキリします。
外出する時はこれをたっぷり塗ってマスクをするとアロマの香りも長く楽しめます。


IMG_1928.jpg
今回、混ぜるのと容器に移すのに使ったスプーンですが、「口あたりやさしいスプーン ミニ」というもので本来は子供の離乳食用のスプーンです。
100均でもシリコンのヘラが売っており、何種類か持っているのですが、やっぱりサイズが大きすぎたり弾力がなかったりとなかなか丁度いいものが見つからなくてネットで探しているうちにこちらの商品が良さそうだと思って購入してみました。


IMG_1929.jpg
シリコンでできており耐熱200度でスプーン先も弾力があってヘラとしても使えるので、今回みたいなクリーム作りにはかなり便利でよかったです。





手作り日焼け止めクリーム

そろそろ紫外線の気になる時期になってきてUVパウダーだけでは防げなくなりそうなので顔用の日焼け止めを作りました。


IMG_1772.jpg
<材料>
ラズベリーシードオイル
アサイースムージングオイル
超微粒子酸化チタン
超微粒子酸化亜鉛
乳化ワックス
アラントイン
コウジ酸
ビタミンE
ROE(防腐剤)
はと麦茶
EO:フランキンセンス、ローズ

今回は酸化チタンと亜鉛を超微粒子に変えてみました。微粒子だと毛穴に入って良くない等の意見が某掲示板などでもありますが、普通の粒子のものだとあまりにも白くなるので。。ですが結論から言うと超微粒子でも白くなりましたw
市販の白くならなくてSPFの高い日焼け止めはどうなっているんだろう?

あとさっぱりした使い心地になるようスクワランオイルがブレンドしてある最近購入したお気に入りのスムージングオイルを使ってみました。

アラントインはコンフリーという植物の葉や根に含まれる天然成分で、肌を保護し、皮膚の細胞を修復する働きがあるといわれています入れるとサラサラ感がでるみたいなのでこちらも加えました。全体量の0.5~2%まで。

他には美白成分であるコウジ酸、精製水の代わりにはと麦茶を使いました。


IMG_1784.jpg
オイルと乳化剤を耐熱容器に入れて温めます。
熱の容器ではと麦茶を温めます。60℃くらい

IMG_1785.jpg
温めたオイルにはと麦茶を入れてよく混ぜます。アラントインは温度が下がると溶けにくいので先に入れておきます。


IMG_1786.jpg
酸化チタン、酸化亜鉛を入れて良く混ぜます。
混ざったらコウジ酸を入れて、少し冷めてからビタミンE、ROE、EOを入れます。


IMG_1787.jpg
固まる前に容器に移します。


IMG_1789.jpg
少しゆるめの黄色いクリームになりました。
去年作ったものよりは多少サラッとしていますが、市販のものと比べるとどうしてもベタつきます。

手作り化粧品のクリームで特に日焼け止めはなかなか思うような使用感のものが作れないです。

酒粕パック

明けましておめでとうございます
新しい1年が始まりました。皆様はお正月はどうおすごしでしょうか?
私は今年のお正月は家でのんびりと過ごしています。

去年の年末に、以前から使ってみたいな~と思いつつ購入したことがなかった「酒粕」を初めて購入しました。
色々な種類や価格のものがあったのですが、とりあえずはどんなものかということで比較的値段の安いものを
今回は購入してみました。

酒粕は日本酒以上に美肌にいいと言われており美白成分であるあるアルブチンやコウジ酸、抗酸化力の高いフェルラ酸などの天然成分を含んでいるそうです。

IMG_1485.jpg
とりあえずといいながら5kg購入しましたw
楽天の酒粕の竹屋さんのバラ粕 5kg
送料込みで2500円でレビューを書くとプラス500gでした。1kgずつ袋に入っているので使いやすそうです。


IMG_1487.jpg
袋から出したらほんのりとお酒の香りがします


IMG_1492.jpg
この酒粕を使ってパックを作りました。
酒粕に水を入れてすり鉢で擦って混ぜます。水は大体酒粕の半分の量くらいで擦りながら硬さをみて調整しました。
フードプロセッサーでもいいみたいですが、家のフードプロセッサーでは途中でベッタリして上手くいかなかったのですり鉢に変更しました^^;


IMG_1494.jpg
なめらかになったら容器に移して冷蔵庫で保存すれば1週間位は持つそうです。


IMG_1493.jpg
酒粕だけだとボソボソしていましたが水を加えて擦ることで粘り気が出て肌にものせやすくなりました。

お風呂でパックしてみたところ肌がしっとり柔らかくなりモチモチっとしてすごくいい感じです。
汚れを取るパックではないので毎日でもできると思います。

パックを作った日は残りの酒粕を手ぬぐいで作った袋に入れて酒粕風呂にしました。
ほんのりとお酒と酒粕の香りがしておすごくよく温まりました。

酒粕は料理にも色々と使えるみたいなので(ほんとはこちらが本来の使い方かな?)簡単そうな甘酒などから作ってみようと思っています。

酒粕はなんで今まで購入しなかったのかと思うくらい満足感の高いものでした。
酒粕石けんも作ってみたのでまた後日アップしたいと思います。


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleプロフィールsidetitle

七海

Author:七海
美容に関すること、コスメ、通販大好きです。アラフォーになり日々の生活にゆとりを持って過ごせるようにしていきたいと思っています。

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
応援クリックして頂けたら嬉しいです
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお買い物リンクsidetitle
あなたの為の化粧品工房BS-C            ・カフェ・ド・サボン         ・手作り化粧品材料 マンデイムーン   ・楽天市場       ・オレンジフラワーAreti直営楽天市場店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。