スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り石けん使用感など

今年に入って作った石けんのいくつかの使用感を比べてみました。
泡立てネットを使い大体同じ回数と時間泡立ててみました。

IMG_2420.jpg
ニーム石けん
後入れしたニームオイルがすごく臭かったんですが、乾燥・熟成期間を経て匂いは消えており、泡立てても臭くなかったです。泡は荒めですが、モコモコと泡立ちがいいです。
使用感はさっぱり目だけど肌に潤いは残ります。


IMG_2419.jpg
高麗人参と韓方の手作り石けん
こちらも乾燥・熟成期間を経て韓方独特の香りはほぼなくなっていました。
きめの細かい泡が立ち、洗い上がりはさっぱりツルツルです。


IMG_2421.jpg
桜石けん
こちらは椿油をメインに使用した石けんです。
もっちりとしたきめの細かい泡立ちで、今回の石けんの中では1番潤いが残ります。
上層に配合したレッドクレイが程よくさっぱりなので潤いがあるけど重くない洗い上がりです。
画像だとわかりにくいのですが、泡が薄いピンク色になります。

今回の石けんの中では1番のお気に入りになっています。


IMG_2417.jpg
生よもぎ石けん
生のよもぎをそのまま入れたので、どうなることかと思っていましたが、意外としっかり泡立ちました。
洗い上がりはさっぱりで体を洗うと気持ちがいいです。


IMG_2418.jpg
100%塩石けん
やはり1番泡立ちが悪かったです。洗うときはかなり根気強くたくさん泡立ててから肌にのせないと泡がすぐに消えてしまいます。洗い上がりはこの中ではダントツにさっぱりです。


こうやって改めて比較してみるのも楽しかったです。
スポンサーサイト

100%塩石けん

オイルと同じ量の塩を入れるという100%塩石けんを作ってみました。

<材料>
セサミオイル
ココナッツオイル
パームオイル
キャスターオイル
苛性ソーダ
ウィラードウォーター
OP:塩

水分35% けん化率90%

IMG_2190.jpg
使った塩はパッケージを撮るのを忘れちゃいましたが、「瀬戸内の花藻塩」を使いました。本当はもっと粒の細かいサラサラとしたお塩の方がいいみたいです。
以前シークレイ塩石けんで石けんに少量いれた「キパワーソルト」が良さそうと思ったんですけど、大量に使うと値段が高いので却下でした^^;


IMG_2189.jpg
メインオイルはセサミオイルを使用しました。


IMG_2191.jpg
トレースが出てから少しずつ塩を入れていきました。


IMG_2192.jpg
塩石けんはかなり硬くなり、カットが難しいみたいなのでカットしなくてもいいよう仕切り板の入れれる型にしました。


IMG_2225.jpg
仕切りのある型に入れたので、型だしも普段と同じく24時間後にして大丈夫でした。
確かに硬さは型だしした時点でもかなりあります。あと乾燥はじめてから2日くらいはかなり汗をかいてました。
どんな使い心地なのか楽しみです♪



桜石けん

以前作った桜エキスを使って石けんを作りました。

<材料>
椿オイル(桜エキスウル抽)
パーム核オイル
ラード
キャスターオイル
ミリスチン酸
OP:ローズクレイ

水分35% けん化率90%



IMG_2167.jpg
以前作った桜エキスを椿油でウルトラ抽出して使いました。


IMG_2184.jpg
桜のピンクっぽい雰囲気も出したかったのでローズクレイも使いました。


IMG_2183.jpg
花びらもそのまま入れてみました。


IMG_2186.jpg
IMG_2187.jpg
IMG_2233.jpg
はじめは、ローズクレイを全体に混ぜてピンク色にしようと思っていましたが、花びらがわからなくなりそうだったので、上層だけローズクレイを混ぜていれました。
桜の花びらもまんべんなく入ってなかなか雰囲気のある石けんになりました♪
今度は桜の落ち葉を頑張って拾いに行きたいです!

高麗人参と韓方の手作り石けん

以前作った高麗人参エキス&ハチミツと韓方のブレンドパウダーを使って石けんを作りました。

<材料>
オリーブオイル
パーム核オイル
ラード
キャスターオイル
ステアリン酸
OP:ハチミツ(高麗人参入り)
   高麗人参エキス
   韓方パウダーブレンド

IMG_2155.jpg
韓方は以前は日本と同様に「漢方」と言われていましたが、韓国では、独自の漢方を研究・開発し続けてきたため、その伝統をふまえて、『韓方』と言う表記が定着しているらしいです。
パウダーの中身は、はと麦、オウゴン、甘草、黄土、どくだみです。


IMG_2158.jpg
ハチミツは高麗人参エキスに溶かして入れました。


IMG_2154.jpg
高麗人参エキス&ハチミツ、韓方パウダーはトレースが出てから入れました。


IMG_2164.jpg
型入れしたところ


IMG_2227.jpg
見た目はニーム石けんと似ていますが、香りが強烈な韓方の香りです。


ニーム石けん

以前作ったニームリーフ石けんがとても使い心地がよかったので、今回はニームリーフパウダーとiHerbで購入したニームオイルとウィラードウォーターを使って作りました。


<材料>
セサミオイル
オリーブ核オイル
ラード
キャスターオイル
ステアリン酸
苛性ソーダ
ウィラードウォーター
OP:ニームリーフパウダー
 ニームオイル

水分35% けん化率90%

IMG_2066.jpg
Now Foods, Solutions, Neem Oil, 1 fl oz (30 ml)


IMG_2067.jpg
常温では固まっています


IMG_2133.jpg
湯煎で溶かすと濃い黄色のとろみのあるオイルです
香りが強烈に臭くてビックリしました。今まで使ったことのあるオイルの中では1番臭いです。
ニラをすごい臭くしたような香りです。肌につけると結構な時間匂うので使うとしたら休みで人に会わないときじゃないと難しそうです。



IMG_2132.jpg
ニームリーフパウダーです


IMG_2061.jpg
Willard, Willard Water Clear Concentrate, 16 oz (0.473 l)

今回の水分はウィラードウォーターを使いました。日本でも化粧品として発売されていますが、iHerbで希釈して使うボトルが売っていたので購入しました。
ウィラードウォーターは水と触媒によって変化させた触媒水だそうで、水よりも湿潤で反応性が早いという特性があるそうです。

水2lに対して原液を大匙1入れて希釈して使っています。大まかな計算だとこのボトルで60l以上のウィラードウォーターが作れるのでかなりお得な商品だと思います。

この他に加湿器に入れたり、少し濃い目に作ってプレ化粧水として、手作り化粧品の水として、ヘアスプレーとして使うなど様々な用途で使えます。


IMG_2123.jpg
前回のニーム石けんはメインオイルをオリーブオイルで作りましたが、今回はセサミオイルで作りました。


IMG_2134.jpg
ニームオイルとパウダーはトレースが出てから後入れしました。
すごい臭いです。素材の香りを生かすために着香しなかったんですが今回はした方がよかったかな><


IMG_2226.jpg
型から出して乾燥し始めたらニームオイルの香りはだんだんと薄くなりました。
使う頃には香りが和らいでくれてたらいいな。



アイハーブ初回注文時は、注文の最後にクーポンコード「RRZ825」を入力すると5ドル割引、40ドル以上購入で10ドル割引になります。
こちらをクリックして頂くと自動でクーポンコードが入力されたアイハーブのサイトにいけます

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleプロフィールsidetitle

七海

Author:七海
美容に関すること、コスメ、通販大好きです。アラフォーになり日々の生活にゆとりを持って過ごせるようにしていきたいと思っています。

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleランキング参加中sidetitle
応援クリックして頂けたら嬉しいです
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleお買い物リンクsidetitle
あなたの為の化粧品工房BS-C            ・カフェ・ド・サボン         ・手作り化粧品材料 マンデイムーン   ・楽天市場       ・オレンジフラワーAreti直営楽天市場店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。